WHO'S GOT NEXT?
penny1.exblog.jp

NBAと日常をその日の気分で♪
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
ライフログ
カテゴリ
Basketball etc
■バスケット専門
NBA.com(U.S.A.)
NBA.com(JAPAN)

■In the Zone Player !
King James
Amare Stoudemire

■Basketball Favorite
Go NewYork Go !
CHIE SUZUKI HOME COURT

■Favorite Blog
King's revival
our 1st child
キレる若者
HOLY BIBLE
モッさんスタジアム
オレ波★
air.
サテライト

絵モジがツカエルMailやBLOG

最新のトラックバック
You've Come ..
from 1-kakaku.com
アレン・アイバーソン T..
from 1-kakaku.com
輝かしきNBAの名勝負〜..
from 敗れてこそ 暉射すほうへ
神にはなれないスーパースター
from 敗れてこそ 暉射すほうへ
Run TMC
from 築山ブログ有城
10年以上前に出会っていた
from WHO'S GOT NEXT?
すぅぷ屋
from WHO'S GOT NEXT?
田臥、解雇・・・(-_-)
from バスケット王国
CITY HUNTERシ..
from |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
NBA 〜サンズ、巻き返..
from Big Bang!!!
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
忍者TOOLS
since2005,02,20



速くではなく強く
c0063110_7514946.jpg映像化されるの聞いてからずっと楽しみに待っていた映画「風が強く吹いている」。

あんなふうに綺麗に走れたら・・・と見とれてしまうほど小出恵介と林遣都のランニングでした。
相当トレーニングしたとのこと。

原作の、マラソンを通して”強さとは何か、人生とは何なのか”というテーマもしっかり盛り込まれています。
たくさんのエキストラを用いて実際のコースで再現された箱根駅伝も臨場感溢れています。

ちょうど観る1週間前くらいに箱根駅伝予選会のドキュメンタリーをTVでやっていて、思わず観てしまいました。
様々なドラマがあり、ホンモノの箱根駅伝を観るのも楽しくなること間違いなしです。

原作の方も映画では描ききれていない予選会までの10人それぞれの、本番の10区すべてのドラマが描かれていて、映画を観てからも「そんなエピソードがあったのか」てな感じで楽しめるのでオススメです。


タイムや順位があるにも関わらず、長距離選手に必要なものはなぜ速さではなく強さなのか。
たまには清々しい青春物語も良いものです。
[PR]
# by carmelo-anthony | 2009-11-15 07:54 | CINEMA
二人のMJ
「同じ時代に生まれてよかった」

と思う人が、人それぞれいると思いますが、この二人をあげる人は全世界に大勢いるのではないでしょうか?


だいぶ日がたってしまいましたが、バスケットボールの神様、マイケル・ジョーダンが殿堂入りしました。
やっとか、という思いがしますけど。

c0063110_21542943.jpg



めったに人前で涙を見せないジョーダンがスピーチで涙をこぼしていたのが印象的です。
それでも世界一の負けず嫌いといわれるマイケルはルーキー時のオールスターでフリーズアウト事件(生意気に映ったジョーダンに既にスーパースターになっていたアイザイア・トーマスやマジックジョンソンらが試合中にパスを回さなかった!)をこの晴れの場面で触れるあたりが、らしいところです。
嫌味でもなんでもなく、本当にその後の努力の原動力になったことを言いたかったのでしょうね。

ジョーダンと一緒にユタの名ポイントガード、ジョン・ストックトンと、テキサスの提督、デビッド・ロビンソンも殿堂入りです。
両選手とも好きだったので嬉しい限りです。




c0063110_2156455.jpgそしてもうひとりのMJ、マイケル・ジャクソンのTHIS IS IT。みました。
上映時間あっという間でした。
スクリーンの向こうなのにすごい存在感ですし、ダンス、歌、ステージに対するこだわり、どれをとっても唸るばかりです。
それにしてもリハでここまでやるのか、驚き。実現されなかったこのロンドン公演。もし見ることが出来たらと思うとため息です。

劇場全体で上演後に拍手が起こった映画は初めてでした。



もう二度と新しいパフォーマンスが見られないことが残念でなりませんが、二人のMJに感謝です。
[PR]
# by carmelo-anthony | 2009-11-01 22:39 | NBA
意思
c0063110_7372820.jpg気に入っている本のトップクラスに位置する本多孝好の「MOMENT」の続編が出てたので、思わずかってしまいました。

病院でアルバイトする学生が死者の最後の願いをかなえてくれるという噂を描いた連作短編の7年後を描いたもので、今回の主人公は前作で主人公神田の幼馴染で登場していた、葬儀屋の女社長・森野です。

死者の意思を、汲み取る、尊重する、生きるものができることを淡々と描きながら、澄み切った読後感が訪れる作品です。
登場人物も強烈ではないけど、味わい深いキャラたちばかりで飽きることなく読める連作短編でした。

MOMENTがカバーが新しくなって書店にならんでます。WILLを読んでMOMENTも久し振りに読んでみたくなったのですが、どうにも見つからず。
誰かに貸したままのような気がするし、単にどっかにまぎれてしまっているのか、それもあやふや。
ま、そんなものです。
[PR]
# by carmelo-anthony | 2009-10-31 23:23 | 日常
歌舞伎でスウィング♪
c0063110_1213288.jpg

拍子木の音で幕が開ければ




秋の夜長を芸術で、なんて気取ったわけじゃありませんが、
銀座は歌舞伎座で一流のジャズの演奏を味わってきました。

来年で取り壊してしまう伝統溢れるこの歌舞伎座で、ジャズのLIVEが
行われるのは初めてだそうな。

驚きはナベサダこと渡辺貞夫の演奏。
もうパワフルでスピード溢れる手の動きはとても76歳とは思えません。
やはり現役ってすごいなぁとつくづく感心しました。

この人、実は同郷でして、そのおかげで私の地元の中心地(過疎化爆心中!)には
実はジャズバーがたくさんあるのです。


冒頭に登場した中村獅童や、カナダからやってきた15歳のボーカル、ニキと言い
(ホント天才少女です。驚きました)、とても贅沢な一夜でした。
[PR]
# by carmelo-anthony | 2009-10-29 01:28 | Music?
ご無沙汰で
c0063110_1842.jpg

やっぱりサンズのユニフォームが頭の中ではしっくりくる




うっかり忙しかったりPC修理に出していたりしたら、すっかりブログ書く習慣がなくなってました。

気づけば秋まっさかり。冬の入り口に。。。
ちょこちょこともう書かないのかと言われることも極まれにあるので、気の向くまま再開したいと思います。

再開の一弾目はこのブログのメイン?テーマ。NBAについて。

まもなく新しいシーズンが始まるわけですが、このオフに超トップ選手からオールスター選手、極めて有能なチームに貢献できる選手まで、実に多くが移籍しました。

■シャックのキャブス移籍でキングは真のキングになれるのか?

■同世代 アイバーソンはメンフィスの地でキャリアを終えるのか?

■リチャードジェファーソンやマクダイスなど、堅実かつ有能な選手で補強したスパーズが王座を奪還するのか?


注目したいチームは数ありますが、懐かしい想いと合わせて見守りたいのが、マリオンが移籍したマブスです。
ルーキーから1年ちょっとチームメイトとしてプレイした、当時既に一流ポイントガードだったジェイソンキッドと久し振りに同一チームでプレイすることになりました。

サンズからトレードされて以来、ジャーニーマンになりかけていたマリオンで気を揉んでましたが、ダラスの地に腰を落ち着け、マトリックスといわれる(←アメリカでもまだこのニックネームで呼ばれてるんでしょうか??)4次元のプレイで将来殿堂入りが確実視されるキッドを、そのホットラインでチャンピオンリングに導いて欲しいと願っています。

201cmの身長で平均10本を越えるリバウンド、あのクイックネスとジャンプ力はNBAの中でも超一流ですし、
それにラリージョンソン引退後、最初のUNLV出身のスーパープレイヤーなので、またオールスターに返り咲くほどの活躍を期待してるのです。


2009-2010シーズン、まもなく開幕です。
[PR]
# by carmelo-anthony | 2009-10-28 01:10 | NBA
win or go home
c0063110_9165225.jpg

現在怪我で離脱中のガーネット
彼の存在有無でボストンの輝きは大きく変わる




世間は連休です。
かく言うわたしも本日1日休みを貰い帰省です。
用事があり急遽の帰省ですが、ついでに地元の友達とも会ってこようと思います。


NBAは既にプレイオフです。
レギュラーシーズンではヒートのウェイドが初の得点王。
リバウンド王はマジックのドワイトハワードと、すっかり世代交代です。

今ボストンとシカゴが2回戦目指して試合中。ボストンが3-2でリードしてますが、戦前の予想に反して?シカゴ善戦。なんといってもボストンはガーネットの離脱が大きい。
オフェンスもしかりですが、確実にディフェンス力が落ちてます。やっぱガーネットって偉大な選手です。
このままガーネット離脱のままなら、東はキングジェームス率いるキャブスが筆頭か。

衝撃はスパーズの1回戦敗退!
ダラスは確かに良く戦ってましたが、スパーズは結局ジノブリの穴を埋められず。。
そろそろダンカンが試合を支配できなくなってきた感もあり、平均年齢の高いスパーズが来期課題満載です。



帰省日程が急に決まったので、連休の予定もたいして立てられませんでしたが、天気が良いのが嬉しいところ。
[PR]
# by carmelo-anthony | 2009-05-01 09:19 | NBA
贈り物にもいろいろ
電車の中でどこぞの新入社員たちに囲まれました。
聞こえてくる会話が初々しいです。

「なんで初日から夕方まであるの? 始業式も入学式も半日じゃん」

フレッシュさを失わないように頑張ります。


c0063110_7123984.jpg■7つの贈り物 

ウィルスミス好きなんです。ユーモアがあってエネルギーがあって、そしてカッコいい。

ある7人にその人の人生が変わる様な贈り物をすることを決意した、ある過去の事件によって心の傷を負った男の物語。

確かにすごいことするんですけど、なぜそこまで、と思うところも。
なにより、苦渋に満ちたウィルを見るのはちょっとなぁ。
やはりハッピーエンドが似合う俳優に思いますよ。




c0063110_71307.jpg■フロスト×ニクソン

こちらはあのウォーターゲート事件でおなじみ?のニクソン大統領とイギリスの人気司会者による、インタビューの模様を描いたストーリー。
事件から3年後のニクソンに法外な報酬と引き換えにインタビューをとりつけ、それまで国民に一切謝罪をしなかった元大統領から謝罪の言葉を引き出せるか?、貫禄あるアメリカ史上唯一の任期途中で辞任した元大統領と、人生を賭けた司会者のインタビューを通した対決が見所です。

緊迫したトークバトルは謎解きや犯人探しのミステリーに負けないほどの、引き込む力があります。
余裕綽々のニクソン元大統領にフロストがインタビュー後に贈ったギフトがニクイに一言です。

なかなか楽しめる作品でした。




話し変わりますが、JAXA(宇宙航空研究開発機構)に入社した宇宙飛行士候補の大西さん(元ANAの副操縦士)って同い年なんですねー。
自分もちょっとは頑張らないと。
[PR]
# by carmelo-anthony | 2009-04-02 06:07 | CINEMA
2009年のロケットボーイズ
c0063110_2125555.jpg

既に近所の桜は満開です。




最近はよいニュースが続きますね。

WBCは見事2連覇。
韓国と5試合ってどうよとは思うものの、不振に悩むイチローが最後の劇的勝ち越し、優勝トロフィーに村田のユニフォームと、会社で来客中でたが、お客様含めてみんなでワンセグで応援して大盛り上がりでした。

そして若田さんが無事スペースシャトルで宇宙(と書いてそらと読む)へ、さらに日本人として初の長期滞在。
宇宙から送られてくる楽しそうな笑顔がなんとも言えません。
たけしがメインの人類の宇宙開発の軌跡を綴った特番を見て、たくさんの苦労と犠牲があって今日に至るのだなと実感しました。


さて、それに合わせたわけではないけど偶然タイミングが重なってしまった

「2005年のロケットボーイズ」 五十嵐貴久 著

落ちこぼれでつまはじきな高校生たちによるロケット(実際にはキューブサットという小さい衛星)を打ち上げる物語です。

笑えます。
前に読んだ「1985年の奇跡」が笑える青春群像だったので、今回も期待して読みましたが、応えてくれました。

登場人物がどいつもこいつも特徴があって、アホでばからしく実にわらかしてくれます。
で、ひょんなことからキューブサットを作るハメになり、いくつモノ困難に見舞われながら製作を進め、いつしか・・・てな話です。

テンポ良く読めてとても楽しめました。


野球で世界を相手に優勝したり、宇宙で無重力を体験したり、夢を感じます。
[PR]
# by carmelo-anthony | 2009-03-29 21:29 | 日常
刹那
96年3月  ロサンジェルス
96年12月 ホノルル

時は流れて

2009年3月TOKYO!!



実に13年ぶりにフルマラソン。走ってきました。
なんとか、かんとか完走です。
やはり、さすがに42.195キロは長かったなぁ。
正直、35キロ過ぎた辺りから、体力の枯渇と横殴りの風・雨で、全く景色とか見る余裕ありませんでした。

それまではそこそこ余裕があり、銀座にはいったあたりでジャンクスポーツの番組で走っていた金村を抜き、浅草から折り返してくる谷川真理に手を振り(気さくな人で手を振り返してくれます)、まずまずだったのですけど。

多分実質的なタイムは4時間30分ちょっとくらいではないでしょうか。(スタートから15分位してようやくスタートラインを超えたので)

だとすると13年前のホノルルと同じくらいのタイムです。 オー! 俺スゴイ!
身体的能力がピークだった頃と同じ程度の結果なら満足です。ナイスラン!!


それにしても実にたくさんの人の協力があって成り立っている大会です。
ボランティアの人数が1万人以上!!
沿道の応援も含め、ほんと感謝、感謝です。
あの大量の給水がなかったらどうなっていたことやら。




c0063110_19125154.jpgゴールしたあと、写真のおにぎりを配っていたんですよ。
なんて書いてあるかというと

「新潟からの感謝の気持ち 震災復興へのご支援 ありがとうございました」

なんと、新潟中越地震の復興に協力してくれたお礼に、新潟の方々が新潟の米で作ったおにぎりを用意したとのこと。
こんな恩返し、なんかとても嬉しいじゃないですか。

都知事(近くで見ると風格あります)がゴールしてストレッチとかしている人に声かけながら歩いていて(取り巻きと携帯カメラの嵐でしたが)、そのおにぎりを薦められて、それでは頂こうかな、とにっこりして受け取ったのがとても印象的でした。


なにはともあれ、お疲れ様でした。そしてありがとうございました。

さて、ジャンクスポーツが始まったので、この辺で。
[PR]
# by carmelo-anthony | 2009-03-22 19:19 | 日常
アベレージ マン キープ ランニング
c0063110_21191465.jpg

明日は東京マラソンです。
10年以上ぶりのフル。

自分、平均的なサラリーマンなので、とにかく完走を目指して頑張ります!


ランニングのBGMは「The Average Man Keeps Walking」 槇原敬之 で。
[PR]
# by carmelo-anthony | 2009-03-21 21:19 | 日常